2010.2.15
AR(拡張現実)と3D立体視を用いた渋谷パルコ(PARCO)の広告展開。

3Dニュース一覧
  
・「パナソニック3DTVを4月に世界初投入」日経新聞2月10日   
  
・「パナソニック3D元年制覇へ総力、3Dビエラで」日経産業新聞2月10日   
  
・「デジタルコミニュケーション10.現実感を高める情報技術」日経産業新聞2月9日   
  
・「シネコン観客数回復、3D普及追い風に」日経MJ2月7日   
  
・「ソニー部門戦略責任者に聞く。ソニー3Dテレビ販売首位を狙う」日経産業新聞2月2日   
  
・「電子看板じわり普及」日経新聞2月1日   
  

3Dの注目度が上がって新聞記事も多くなりました。テレビでも頻繁に取り上げられ、渋谷パルコに設置してあるVMJの3Dディスプレイのことも、2月13日土曜日、フジテレビの「目覚ましテレビ」で放映されました。


ARの注目度も急上昇で、渋谷パルコでは,日本で初めてと思われる,商業施設でのARのイベントをやっています。Twitterのつぶやきをエアタグ化するなどの新しい試みもあるようです。3D立体視、AR、Twitter、iphoneアプリ「セカイカメラ」などなど、話題性のある最新技術をミックスしての広告展開、さすが渋谷パルコです。

パルコAR

パルコAR


3DもAR(拡張現実)もいよいよ身近な存在になってきました。
VMJは3DとAR(拡張現実)の融合を実現します。


VMJ株式会社 代表取締役 金山和男 2010年2月15日