代表あいさつ

4年前,表舞台に登場した 3Dテレビの狂騒が嘘の様に消え去り 家電量販店の入り口を飾っていたデジタル テレビ売り場が スマート フォンに取って変わっています。
「3Dテレビは終わった」「テレビの3Dは おまけ」とまで言われています。
しかし 「3Dは終わった」と言う声は聞かれません。

今、3D技術は産業界のあらゆる分野で、静かに 目立たないが着実に開発がすすめられています。 今 、まさに3Dの時代が幕を開けようとしています。

「世界を動かす3D革命」日経新聞に大きな活字が踊りました。

確かにメガネ付き デジタル テレビの3Dには限界があり、普及しませんでした。
しかし、天才 スティーブ ジョブスが目指した「スマートテレビ」「インターネット テレビ」であれば 大量の情報を瞬時に送れ、テレビに革命が起き、3Dテレビの時代を拓くことが出来るのです。Google TVも3Dを目指しています。

「映像は全て 3Dになる」
ビル ゲイツの言は生きています。実用化される3D時代が来ています。
私どももその潮流に合わせ、パートナーのドイツ 3D International社と緊密な連携をとり、次代を拓く尖兵たりたいと望むものです。

これまで培ってきた、大型ゲーム機向け3D技術、中大型デジタル サイネージ技術を
ベースに 以下の分野に挑戦、人々のお役に立つべく 努力を続けてまいります。

○2視点映像を多視点映像に自動変換する技術開発で3Dテレビ技術にも貢献

  1. パチンコ機の3D化 
  2. 医療分野の3D化
  3. 自動車産業の3D化
  4. 3D技術教育

微力ではありますが、3Dの進歩 普及に邁進してまいりますので、引き続き ご支援賜
りますよう よろしくお願い申し上げます。

VMJ 株式会社
代表取締役 金山 和男