2009.12.17
世界最大級のCG映像の祭典「シーグラフアジア2009」に出展しました。
リアルタイム3Dゲームのデモを行い、ご好評をいただきました。


2009年12月17日(木)〜12月19(土)パシフィコ横浜にて開催された「シーグラフアジア2009(SIGGRPH ASIA 2009)」に出展いたしました。
VMJの3Dステレオドライバー(Deep Outside3D Stereo Driver)による市販PCゲームの裸眼3D立体視をデモ展示しました。いままでにないインタラクティブ・リアルタイムで飛び出る3Dゲームは、大変ご好評をいただきました。

3Dステレオドライバー(Deep Outside3D Stereo Driver)は、DirectX(ver.9・10・11)、Open GLをベースにした、ゲーム、アプリケーションをグラフィックカード上でのマルチビューレンダリングによって、3D立体表示を可能にします。 リアルタイムで3D表示が可能なため、ゲーム、CADビューアー、GoogleEarthなど、インタラクティブなコンテンツに最適です。
3Dステレオドライバー(Deep Outside3D Stereo Driver)のご案内はこちらへ
  
  
シーグラフアジア2009,リアルタイム3Dゲーム

シーグラフアジア2009,リアルタイム3Dゲーム

シーグラフアジア2009,リアルタイム3Dゲーム