裸眼3Dの仕組み / 裸眼3Dとは

パララックスバリア
    

当社の3D映像装置システムの最大の特徴は、裸眼(めがねなし)で鮮明な3D映像をご覧頂けるところです。
オフィスや、店頭等の明るい環境下でも鮮明な3Dコンテンツの提供が可能です。


Parallax Barrier(パララックスバリア)とは、裸眼で鮮明な立体映像を視認できるVisuMotion社のシステムです。特殊なフィルターを液晶パネルに貼り付けることにより、立体像を実現しています。そして視野角が120度あります。


※立体画像視覚イメージ図


パララックスバリアとは


格子状の隙間から左右の目が見るべき画像を短冊状に配置することによって、画像の分離を行う。隙間を十分に狭くし、画像面に異なる方向からの複数画像を連続的に配置することにより、視点が移動しても、適切な立体像を得ることを可能にしている。


3D Movie Center

3Dビデオファイル、音声ファイルを再生・管理するソフトです。
  • ・Library Edition:スタンドアローン版の3Dステレオビデオ再生ソフトです。3Dディスプレイ装置で3D映像を観る事ができます。
  • ・Network Edition:ネットワーク版の3Dステレオビデオ再生ソフトです。ネットワーク上の3Dディスプレイ装置へ3Dコンテンツの配信が可能です。また、個々の3Dディスプレイ装置に対して、再生予約等の制御が簡単な操作で可能となり、一括した映像管理が容易に実現します。

VisuMotion社について